無地メモ帳

思ったこととかを適当に書き留めておく個人的なブログ。

今月読んだ本と一言感想(2016年7月分)

吸血鬼すぐ死ぬ 3 (少年チャンピオン・コミックス)

吸血鬼すぐ死ぬ 3 (少年チャンピオン・コミックス)

 今回も面白かったけどなんだかぶん投げ系オチ多くない? と少し気になりました。でも3巻もとても好き。
 ジョンが周りからものすごく愛されてる…! と思ったけどきちんとそうされるだけの描写は過去存在してるので別におかしくないですね。でも人間キャラでやったら叩かれそうなので動物キャラってこういうとき得だ。あとドラルクの家族達もやっぱり濃い。


 きょうだいメインで透魔且つ国際交流中心といった感じの一冊。個人的には普通に仲良くしてるだけじゃん? と思うんですがカップリング描写に対して過敏な方は避けたほうが心穏やかでいられるかもしれません。
 永緒ウカさんのタクミとアクアの話が好きなんですが、アクアの「力のない私だけど」という台詞に「うん…?」と思ってしまったのは彼女が力成長率50%のせいであって作者さんは何も悪くない。(ちなみにタクミは35%)アクアさん歌姫なのになんであんなに勇ましく槍振り回すんだ。
 ifアンソロもこれで終わりか…と思ったら臣下編もあるそうで、本当にいつまで続くんだろう。嬉しいけど。個人的には4コマもまた出してほしいです。


 今更ですがディスガイア関連の設定画が見たくなりまして。
 過去発売されたり限定版同梱だったりの設定資料集と重複もありますが大き目だったり初出のものもあったりで読みごたえはありました。完成までの経過が見られるのもイイネ!