読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無地メモ帳

思ったこととかを適当に書き留めておく個人的なブログ。

今月読んだ本と一言感想(2016年3月分)

 今月はタブを買った直後ということもあり1巻無料なのとか色々手を出し過ぎて正直全部載せるの非常にめんどくさいし18禁のとか載せたらはてなに消されない? 大丈夫? ということで一部抜粋でお送りします。あと本誌で読んだのは単行本買うだけ買って読んでないのでそれも除外の方向で。ブログのあれこれをまだまだ模索中…。


SOUL CATCHER(S) 11 (ジャンプコミックス)

SOUL CATCHER(S) 11 (ジャンプコミックス)

 PCで漫画読むの好きじゃないから移籍以降単行本派になっちゃったけどタブ買ったしこれで追えるぜと思ったら完結してしまったでござるの巻。駆け足だったけど最後まで楽しめたし熱かった…。神海作品、デビュー作のアンサンブルから好きです。単行本未収録作品は雑誌ごととってある。


 ネタばらし巻。次で完結と思うと感慨深い。サモンナイトに関しての自分の想いは前回の記事で書いた通り、シリーズ終了してももう悲しくないです。寂しくはあるけど。


 小鞠君こえーよと思いつつ読んでました。勝負の熱さも勿論あったけど意識がほとんど彼に持ってかれた…。でも中学生のときは普通に可愛いというか渡辺先生の描かれる中学生って何かおいしそうでいいですよね。


まとめ★グロッキーヘブン(1) (KCx)

まとめ★グロッキーヘブン(1) (KCx)

まとめ★グロッキーヘブン(2)<完> (KCx)

まとめ★グロッキーヘブン(2)<完> (KCx)

 ラッキースケベ主人公(女)と暴力ヒロイン(男)のラブコメだけど少女漫画なので下品な感じのラッキースケベはなく、さらっと読めて面白かった。個人的にオチもあれくらいがちょうどいい。でも間に挟まるギャグのノリが微妙に懐かしい気がするのはどうしてだろう…。


 表紙がなんとなく目に留まった――なら私はこの直感を信じるぜ!とノリと勢いで買ったんですがいやあ良かった。独特の語り口で進行するので慣れるまでちょっと大変ですが、慣れればあとは世界観にどっぷり浸るのみ。毎晩1話ずつ読みたくなる本。少年の成長物語としてもいいなー、と思う。


九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子 (ビームコミックス)

九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子 (ビームコミックス)

 どの話も好きだけど現代ファンタジー色濃いのが特に好き。笑いも涙もあるいい一冊だった。一番好きなのは犬谷家。だってあれずるくない?(褒め言葉


 ミカベル作品2連発は顔の筋肉が痛くなるからやめて頂きたい。ていうかどうせなら同日発売にしてください。なんだかんだ言われてるけどやっぱりこのギャグセンスは好きだなあ…と思います。みみここももはもっと読みたかったなあ。